ご紹介INTRODUCTION

  

免疫は多細胞生物にとって“自己”を守る防衛システムの要です。約38億年前に地球上に生まれた生命は、約6億年前に多細胞生物へと進化を遂げました。この時に、多細胞集合体としての “自己”というアイデンティティを守る “免疫”というシステムが生まれました。約4.7億年前には、一つ一つの細胞で異なるセンサーを持ち、ウイルスに感染した自己細胞さえも認識駆逐できるT細胞という最も進化した免疫細胞が生まれました。6億年にもわたる進化の末に、極めてソフィスティケートされた免疫システムが構築されたのです。

遺伝子変異の結果“自己”とは異なる振る舞いをするようになったがん細胞も、免疫にとっては“自己”を守るための重要な標的の一つです。免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれる薬剤の出現によって、従来の抗がん剤では決してなしえなかった長期生存への道が拓かれようとしています。しかし、多くの細胞の共働作業により行われる免疫現象を数理的に理解することは容易ではありません。不十分な理解により使われる免疫チェックポイント阻害薬では、治癒類似の理想的な治療効果をあげることは運頼みになってしまいます。

  

イミュニティリサーチ株式会社は、抗腫瘍免疫現象を徹底的に解明、理解し、正しく導く方法を提案することをその創設理念としています。特に個々のT細胞の多様な性質や機能を巨大情報として資源化し、そこから得られるインサイトに基づいて診断や治療の方法を提案し、またT細胞の機能をコントールすることによる疾患の治療法や予防法の開発を行います。この目的のために、知的財産確立とライセンスアウトを繰り返すことを事業のモデルとしています。

  

会社が設立されてから2年半以上が経過しまして、設立当初のみならず、現在も様々な人が集まってきています。

  • ■ 医師として日々の診療における眼前のがん患者を治癒させるという使命を果たしつつ、研究者として世界のがん患者を救うために優れた科学研究と技術発明を行い、成果を応用したい
  • ■ 戦略的知財方針を実現するため、幅広い人脈から人を集めて、マネージメント力で企業経営を行いたい
  • ■ 大学発ベンチャーとして大学の成果を社会実装させたい
  • ■ T細胞免疫の基礎研究の成果を応用したい
  • ■ バイオの専門技術を活かしたい
  • ■ 幅広い活躍で得た財務の専門知識と経験を活かしたい
  • ■ 経験豊富でバイオにもITにも強く、プロジェクトリーダーとして活躍したい
  • ■ バイオ・メディカルに強い知財や法務の専門家としてプロジェクトに加わりたい
  • ■ データサイエンティストとして目覚ましい実績をもち、数理技術をこの分野に応用したい
  • ■ 医師であり免疫解析に強い専門家としてプロジェクトに加わりたい
  • ■ 経験豊富なIT専門家としてプロジェクトに加わりたい
  • ■ 提携して製品を開発したい会社
  • ■ 資金援助して応援したい個人と法人・・・etc

これらの人々がもたらす力を結集して、がんを始め多様な疾患の診断、治療、予防に貢献したい所存です。これまではデータに基づいて新たな発見をするにあたり、予備知見や仮説が必要でそのため偏りや偶然性、あるいは感覚的なものが避けきれないものでした。しかし今後は、せっかく集める大量の免疫学データは、アルゴリズムにしたがって、仮説を使わずに数理的、論理的に定量処理して最適解を短時間で求めインサイトを得ることが必要です。

このようなインサイトに基づいて医療の現場にいち早く優れた技術と製品を届けるため、今後も多くの方にご協力をいただきたくお願い申し上げます。


お知らせTOPICS